公認会計士になる方法

公認会計士になる方法で資格講座の利用について

資格講座の利用

資格講座正直な話、公認会計士を独学で目指すというのはかなり無茶な挑戦です。それで合格する方もいるでしょうが、そのような方はほんの一握りだけでしょう。では、どのようにして公認会計士の勉強をすればいいのかということですが、一つには資格講座を利用するという手があります。

現在では公認会計士試験に合格するための資格講座がいろいろな企業から販売されていますし、そうした講座を利用するというのも一つの手です。講座を利用するメリットとしては、試験の傾向が分かるということ、対策もきちんとできることが挙げられます。また、カリキュラムに沿って勉強すれば合格ラインを目指すことも可能ですから、初めて公認会計士の勉強をするという方にもおススメでしょう。

資格講座を利用するデメリットはほとんどありませんが、強いて言えば費用がかかるということでしょうか。独学だと書店で問題集や参考書を購入するだけですから数千円程度の出費で済みますが、公認会計士の資格講座となるとそれなりの費用はかかります。しかし、綿密なカリキュラムにそった勉強ができますし、方向性を定めた間違いのない学習ができるということを考えるとデメリットよりもメリットのほうが多いと言えます。

独学で勉強する

公認会計士になる方法ですが、これは非常に簡潔で、公認会計士試験をクリアすることができれば誰でも公認会計士を名乗ることができるでしょう。ただ、先ほどもお話したように公認会計士は国家試験の一つですし、司法試験に次いで難易度が高いと言われているためそう簡単にクリアできるようなものではありません

独学人によっては独学で合格を目指しているという方もおられるかもしれませんが、独学ではかなり難しいのではないでしょうか。公認会計士試験に合格するためのマニュアルや参考書、問題集なども数多く販売されていますし、中には独学で合格したという猛者もいるかもしれませんが、独学で合格するとなると相当血のにじむような努力も必要となってきます。

独学のメリットは何と言っても自分のペースで学習ができるということでしょう。自宅で自分のスケジュールなどに合わせて勉強できますし、そこが最大の魅力です。しかし、マイペースで勉強できる反面ポイントを押さえた学習が難しいですし、もしかしたら間違った学習をしている可能性もあります。しかも独学だとそれに気づかないケースが多いですし、無駄な勉強時間を過ごしたということにもなりかねません。こうしたリスクもあります。

公認会計士の講座

不景気に左右されにくいということで相変わらず高い人気を誇るのが士業です。士業と聞くと真っ先に思い浮かぶのが弁護士となりますが、弁護士となるには国内で最難関と言われる司法試験をクリアする必要があるためそう簡単にはいかないでしょう。また、中小企業診断士や税理士といった士業も人気がありますし、こうした士業の仕事に憧れる方は少なくありません。

公認会計士公認会計士という職業をご存じの方もおられるでしょうが、公認会計士は会計に携わる資格の中で最高峰と言われています。会計のスペシャリストであることの証ですし、その事業領域は多岐にわたります。今現在公認会計士を目指して勉強しているという方もおられるでしょうが、公認会計士は先述した司法試験並みに難易度が高いと言われています。受験資格こそなく誰でも平等に試験を受けることができますが、合格は狭き門と言わざるを得ません。

本気で公認会計士になりたいのなら計画的に勉強する必要がありますし、ポイントを押さえた学習を継続するしかありません。短期間に集中して勉強しても合格ラインは見込めませんから、長期的に計画を練って学習する必要があります。ここでは、公認会計士になる方法についてまとめてみましたから、本気で公認会計士を狙っているという方はぜひ目を通してみましょう。資格講座を利用するメリットなどについてもまとめているため参考になるはずです。計画的に学習して最難関試験に合格してください。